安全への取り組み

安全性向上のために

 事故発生時の事故原因究明に活用するだけでなく、連動した運行監視システムにて、居眠り運転の予兆発見や、危険な右左折、車間距離不足や、あおり運転にならない様に、点呼等で面談指導しています。

輸送の安全に関する基本指針

1.運輸の安全が最重要課題で有ることを自覚し、輸送関連の法律を遵守することを誓います。

2.顧客満足の向上を図り、業界最高位の品質で物流サービスを提供します。

3.輸送関連の法律、規制、協定、業界及び顧客の要求事項を遵守し、事故防止に取り組みます。

4.輸送安全目標は定期的に見直しを行い、輸送安全マネジメントシステムの継続的な改善に取り組みます。

5.全従業員に教育を実施し、環境にも配慮した運転をすることで無事故社会の実現に寄与します。

自動車事故報告規則第2条に規程する重大事故に関する統計

2015年度
重大事故件数 0 件
2016年度
重大事故件数 0 件
2017年度
重大事故件数 0 件
2018年度
重大事故件数 0 件
2019年度
重大事故件数 0 件

2020年度 運輸安全目標(2020年3月末日現在)

重大事故
目標  0 件
実績  0 件
その他上記に該当しない事故
目標  0 件
実績  0 件

運輸安全目標のための計画

 「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」に基づき、当社独自の安全運転マニュアルと安全運転チェックリストを活用し、乗務員へ面談及び指導を実施しております。

 また、導入している車両と連動した運行監視システムによって、危険運転に該当する行為を行った乗務員へは別途指導の機会を設けております。

 65歳以上の運転者に対し、適齢診断とその結果に基づく指導・教育を実施しております。

2019年度 運輸安全目標達成状況

重大事故
目標  0 件
実績  0 件(達成済)
その他上記に該当しない事故
目標  0 件
実績  0 件(達成済)